えひめこどもの城は子供連れでいくおすすめスポットです

 

2歳児の子供を連れてえひめこどもの城に遊びに行ってきました。入場料はなく、乗り物に乗ると料金が発生するシステムなのですが、ひとつひとつの乗り物が安価なので気軽にいろんな乗り物に乗って一日遊ぶことができました。

夏休みの間は9時~18時まで開園しているようですがその他の時期は9時~17時までです。

クリスマス付近になると期間限定でイルミネーションのイベントがあり、この時は夜の開園になります。一度訪れましたがとても綺麗で子供もはしゃいでました。

 

料金について

車で行く場合は駐車場代がまずかかります。普通車が300円、大型車は760円です。乗り物についてですが、2歳児は無料で乗り物を楽しむことができました。同伴する大人だけ料金がかかりましたが大体が100~300円で乗ることが可能です。高くて四輪バギーが500円する程度でした。

 

遊具について

2歳の息子と一緒に乗れるものを中心に遊具は乗りました。乗れたものがボート、てんとう虫のモノレール、ロードトレインです。ロードトレインは機関車型のバスなので小さい男の子なんかは特に喜ぶかと思います。実際にうちの息子も目をキラキラさせながら嬉しそうにしていました。てんとう虫のモノレールは大人になってから乗るとわりと高さあるので高所恐怖症の私にとっては少しこわかったです。見た目のわりにベビーカーも積んだまま乗ることができましたのでベビーカーを持って行っても安心して利用できたのは良い所だと思います。ボートはペダルをこぐと進むものなのですが、秋の時期には紅葉が真っ赤に映えていてとても綺麗でした。紅葉の季節に行くのもおすすめですよ。

 

園内の雰囲気

園内は意外と広いです。山の中にある施設なので散策できるコースがあったり遊具があるエリアがあるのはもちろんレストランもあります。一番目を引くのが「お城」ではないでしょうか。ここじつは大型の児童館だそうです。中に入ると大きな遊具があります。2歳の息子にはまだ遊ぶには大きすぎる遊具だったのでただ中を軽く見て回っただけなのですが、大きくなったら身体を使って遊ぶにはとても良さそうな所だと思います。実はこの児童館、いろいろなコーナーがあります。息子には早くて挑戦はまだ難しいものなのですが、今後の参考のために調べてみました。

 

パソコンコーナー

カードやカレンダーを作成できるそうです。ゲームなどをして基本的なパソコンの仕組みを学ぶことができるそうです。

 

創作工房

不定期で陶芸や木工を製作できるそうです。実施日が決まっているので興味があれば予定表を確認してみてください。

 

ワークショップ

紙や粘土、針金などを使って工作ができるようです。絵も書くことができるみたいです。こちらは実施日が指定されていませんでしたのでおそらく毎日開催されているのだと思います。

 

クッキングルーム

お料理教室を不定期に開催されているそうです。親子クッキングはいつか子供としてみたい母親の憧れですよね。

 

音楽教室

ピアノやカスタネットなどさまざまな楽器がある部屋です。リズム感覚を養うこともできるし普段触らない楽器に触れることができるので子供の興味を引き出すのにも良い場所かもしれませんね。

 

他にもさまざまなレクリエーションやイベントがあったりします。ここは児童館なので日頃の育児に関する悩みを相談できる場所もあります。ちゃんと子育て相談員の方が相談にのってくださるそうです。要予約とはホームページに書かれていませんでしたが、確実に利用したいという方には電話で予約されることをおすすめします。ちなみに電話のみの相談もしているそうです。直通ダイヤルがホームページに掲載されていますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

えひめこどもの城は大型の児童館なのでアトラクションはあるものの遊園地みたいに激しい乗り物があるというわけではなく、どちらかといえば五感を生かして身体を動かすことができる遊具がメインに置かれています。小さな子供でも興味惹かれる物がたくさんありますので2歳の子供でも十分楽しめる場所でした。興味があればぜひ家族で立ち寄って見てください。