大阪エキスポシティにある「ニフレル」がすごい!

 

ニフレルとは水族館?動物園?美術館?どの要素も捉えている所なのです。簡単にいうと外観は小さな水族館というイメージなのですが、入ると動物をまるでアートのように見えるような配置の仕方をしているところなのです。ジンベイザメで有名な大阪の「海遊館」がプロデュースしている施設なのです。コンプセプトは「生きているミュージアム」。普通の動物園や水族館をイメージしていくと驚くこと間違いなしの場所なのです。

2015年の11月にオープンして半年もたたないうちに累計来場者数が100万人を突破しているくらい人気のスポットなのです。その魅力について触れてみましょう。

 

うごきにふれる

ガラスがなく目の前をゆうゆうと動物たちが移動しています。ガラスや柵が無い分普段の動物園や水族館で見るよりもより身近に動物たちがいるかのように錯覚してしまいます。照明や音楽にもこだわりがあり、まさに生きているアートだと思います。子供だけではなく大人の感性も引き出されてしまいます。

 

みずべにふれる

普段は陸上をメインに生息していそうな動物を水上でガラス越しに見ることができます。ワニやカバ、ホワイトタイガーなど水中の魚と一緒に泳いでいる姿を見ることができます。中々お目にかかれない光景なので不思議な気分になっちゃいますよね。

水槽が規則的に置かれている空間は証明にとてもこだわりがあって幻想的な空間になっています。水槽の上部はなんと蓋がありません。普通は側面からしか覗くことができないのでいろんな角度から見れる分感性がみがかれそうですね。

 

その他の変わった見どころとしてほんのり甘い味のする「食べる水」というものが話題をよんでいるそうです。神秘的な空間が多く心が洗われるような感情になります。

ちなみにここで料金などについて紹介します。

営業時間は基本的には10時から20時までです。年中無休なのですが、メンテナンスのために臨時閉館することが一回あるようです。館内は禁煙で撮影するのは大丈夫ですが、フラッシュ撮影は禁止で他のお客様の迷惑になるような自撮り棒は使用禁止です。

 

料金

・大人 1900円(16歳以上)

・こども 1000円(小学生・中学生)

・幼児 600円(3歳以上)

 

通常で買う場合の値段です。ニフレルのチケットは事前購入も可能です。その場合はWEBで購入することになりますが、当日発券窓口で並んで購入する手間の省ける時間指定購入券、17時以降に入る場合割引でお得に購入できるトワイライトペアチケットというのがあります。この券はペアチケットなので二人分で1セットになります。時間指定の券は通常の値段と変わりません。トワイライトペアチケットは3500円ですので通常で買うよりも300円安くなるという計算になります。

その他にも団体割引や障がい者の方に向けた割引もあります。

 

カフェやお店情報

ピクニックをコンセプトに内装や食べ物にこだわっているカフェです。出てくる食べ物も動物をモチーフにしたラッピングが施されておりとてもおしゃれな印象を受けます。サンドイッチやホットドッグ等の軽食を中心に置いてあるようです。ドリンクにもこだわりがあっていれてある容器もとてもおしゃれです。乙女心をくすぐられます。ここでしか味わうこともできないソーダもあり、ストロベリーの入ったソーダやホイップクリームののったソーダはとても珍しいなと思いました。ソフトクリームの形もユニークです。上記でも少し触れましたがここで「食べる水」というものが販売されています。形は球体でとても見た目では水には見えないです。数量限定販売で一個250円なので行った際に残っていれば食べてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

水族館でも動物園でも美術館でもない生き物をまるでアート作品のように展示されている「ニフレル」。音楽や照明を工夫するだけでこんなにも不思議な作品ができるのかと思いました。心が本当に洗われるような神秘的な空間が多いので時間が切り取られた空間にいるような感覚になります。非現実的な場所に行きたいなと考えている方にはぜひ一度は訪れることをおすすめする場所です。