松山市では約40年の歴史がある地元の名店「レストランモルゲンビアホール」

 

自家製ソーセージが売りの洋食屋さんです。ここは約40年くらいの歴史があり、今でも学生の時よく利用していたんですよと約50代の方々からよく言われています。自家製のソーセージは店主であるマスターが工房で手作りしています。ソーセージの種類も豊富で完全無添加でお肉も愛媛のブランド肉「媛ポーク」を使用しています。市販のソーセージと添加物不使用なので子供から大人まで安心して食べれることも魅力のうちの一つだと思います。また、ソーセージにかかせないマスタードも自家製です。ソーセージを注文するとマスタードが入ったカップを持ってきてくれます。お好みで量を調節して食べる形式ですが中にはマスタードをお代わりする方もいらっしゃいます。ここでしか食べれないおすすめメニューを取り上げます。

 

モルゲンランチ(650円)

このお店の看板メニューです。内容は自家製ハンバーグに目玉焼きとソーセージです。このメニューだけはソーセージもついていますが自家製マスタードはついてきません。ハンバーグソースと絡めて食べてください。これにサラダと自家製ポテトサラダの小鉢がついています。ご飯の量もランチの時間帯でしたら大・中・小とサイズが選べることができます。

 

自家製ソーセージ定食(700円)

自家製ソーセージが3本とサラダと小鉢がついてきます。この定食には自家製のマスタードも付いてきます。ソーセージの種類が3本とも違います。少しピリ辛のソーセージが1本入っていた記憶がありますのでお子様に食べさせる場合にはどれがピリ辛か店員さんに聞いてみましょう。自家製ソーセージはとってもパリッとジューシーで市販とは比べ物にならないくらい美味しいです。

 

アイスバイン

モルゲンはドイツ料理のお店でもあります。アイスバインとはドイツ料理を代表する家庭料理です。塩漬けの豚のすね肉を長時間野菜と一緒に煮込んだ料理です。これに自家製マスタードをベースにしたソースにつけて食べます。普通のお店ではまず食べれないモルゲンならではの料理です。これがまたビールやワインに合うんです。「ザワークラウト」(キャベツの漬物)というドイツ料理もあり、これがまたアルコールを飲む前菜としても相性が良いですしアイスバインと一緒に食べるのもたまらなく美味しいです。ちなみにモルゲンでは本格的なドイツの味を表現した乳酸発酵させたザワークラウトもありますし、日本人の舌の味に馴染みやすいザワークラウトもあります。

 

イベント出店でしか食べれない「ホットドッグ」

松山市内で行われるイベントでたまに露店として出店していることがあります。ここでしか食べれない限定名物「ホットドッグ」。地元の方々に愛されていつも長蛇の列ができています。値段も一つ300円なので手頃な価格の割にボリュームも味も美味しいのでおすすめです。また、パンもマスターがソーセージ工房で手作りしています。もっちりしているけれどもフワフワの食感でパン自体の味もパン屋さんに負けていません。かかっているのはミートソースに近い味のソースでこれも自家製です。そしてマスタード、お店で手作りしているマスタードをかけています。お子様が食べる場合には希望を言えばかけずに提供してくれます。

イベント出店での新メニュー「松山肉まん」

昨年開催された全国ゆるキャラグランプリで同時開催された全国こなもんサミットで3位を入賞した「松山肉まん」これも生地も中の具材も全て手作りしています。これは現在の飲み放題付きのコース料理の一つに出てくるものでお店でも単品としてはメニュー表に載っていません。生地ももちもちしっとり柔らかで中の具材が噛むと肉汁がブワーっと溢れ出てきます。

 

まとめ

まだまだ魅力を伝えられないくらい魅力の詰まったお店「モルゲン」をご紹介いたしました。機会があればまた取り上げてみたいと思います。気になった方は是非訪れてみてください。場所はグランフジ松山前のスクランブル交差点を西に進んですぐ右手に見えます。ランチは11時30分~14時30分(ラストオーダー14時)ディナーは17時30分~22時30分(ラストオーダーは22時)席のみの予約はできませんのでご注意ください。できるのはコース予約のみです。