愛媛県の道後にある大和屋本館の温泉がおすすめ!

三千年余り昔から湧き出る天然温泉である道後温泉。実は日本最古の温泉として全国的に有名な温泉です。道後温泉は「千と千尋の神隠し」のモデルともなっている大変趣のある温泉です。実は愛媛県は温泉もそこそこ多い県です。今回ご紹介するのは道後温泉の老舗旅館である大和屋本館の温泉についてご紹介します。

 

日帰り入浴のみでは入れない

残念ながら日帰り入浴のみのご利用は不可なのです。宿泊客か、ランチかディナーのプランの中に温泉の利用券も含まれているのでそれを利用すれば入ることが可能です。私が利用したのは夏の時期に期間限定で出されている「湯上りビアホール」というプランで温泉付きのビアホールに行きました。そしてランチも温泉付きでしたのでそれを利用して温泉に入りに行きました。

 

湯上りビアホールは前売り券を購入して3500円だったかと思います。90分の飲み放題でバイキング形式でした。それで入浴がセットでついてきます。

 

ランチは和・洋・中から選べれて1500円のランチと2500円のランチがありました。1500円で入浴も希望する場合はプラスで500円かかります。2500円のランチには入浴も込みなので入浴もする人は2500円のランチ食べたほうがお得かなと個人的には思いました。私はちなみに和の2500円ランチを食べましたがお刺身も新鮮でとても美味しかったです。大和屋は格式高い旅館ではあるので気軽には行きにくいイメージもあるかもしれませんがランチも温泉も含まれてこのお値段なら日頃のプチ贅沢にたまにいくなら本当におすすめの場所です。

 

女湯と男湯で作りにこだわりがあります

まず男湯と女湯の前に畳の座るスペースがあって梅干しとお茶のセルフサービスがあります。まずうめぼしのセルフサービスはありそうでない珍しいサービスですよね。男湯と女湯も共通して言えるのがバスタオルと身体を洗うタオルが完備されているということです。私が行って特に嬉しく感じるのが普通の温泉なら出たら下が濡れないように体をふいて出るのがマナーですよね。しかしここは出口に身体をふくタオルが積まれていますのでわざわざ拭く必要がありません。シャンプーやリンスはもちろん洗顔もメイク落としも化粧水も乳液もカミソリも全部揃ってますので女性も男性も本当に手ぶらで入ることができます。

 

女湯のこだわり

ひっそりと内湯を楽しむことができるように目隠しがあります。これはあえて奥まった場所にヒノキ湯を設置することでよりリラックスしてほしいという思いからこうゆう設置にしているそうです。ヒノキという天然のアロマなので贅沢の極みですよね。私は友人と行った際にこのヒノキ湯が大人の隠れ家のような外からは一見見当たらない場所なので個室で話しているような気分になり話に花が咲きました。

有料にはなりますがエステもあり、脱衣所からそのまま歩いていける所にあります。温泉の癒し効果でそのままエステもお願いしたくなるような気分になります。私も財布の紐が緩みそうになりましたが次回の楽しみとっておきました。

 

男湯のこだわり

髭剃りをするためにカミソリ以外にもシェービングクリームやアフターシェーブローションまで置いてあります。男性のヒノキ風呂は露天風呂です。コンパクトな造りになっていて女性のひっそり楽しみたいという思いとは正反対の堂々と楽しめるようにという思いの上での設計だそうです。

 

まとめ

私は3回ほどこちらの温泉に訪れていますが、温泉の種類が豊富ではありませんしサウナもないです。でも質素な造りかもしれませんが一番好きな温泉です。細やかなサービスと日帰りの温泉のみのお客さんがいないので人が少ない分ゆっくりとよりリラックスして入ることができるからです。何より私にとってですが、泉質が身体にあうからなのか一番疲れがびっくりするくらい無くなります。肩が本当に軽くなります。気になる方はぜひ訪れてみてください。